アフェリエイトについて考える

   

                  

                              

きっとこの先もこのブログは続いているであろう・・・。

 

いや、続いていないと・・・。

 

いや、マジでお願いします。

 

いつもと入り方を変えてみましたミツロックです。おばんどす。
今日はアドセンスなどのアフェリエイトを考えてみました。

まだ0円ですけどね。

 

アフェリエイトの目的

そらもちろんお金ですよね。

でも当サイトはお店の公式ブログでして、アフェリエイトを目的としたサイトのようにもいかないわけですね。

アフェリエイト申請でも、コンテンツの充実みたいなヤツに印を打ちました。

あるとにぎやかになるのも一つの魅力。

 

アドセンス ポチッとされれば なお嬉し。

 

そういう感覚です。

グーグルで検索

アフェリエイトのこつみたいなことを書かれている先生はいくらでもいます。
が、当サイトではやりにくい事だったり、もうすでに対策してあったりと。

    • サイドバー上段

トップページ(もしくは記事)に来られた人が出て行くための言わば【出口】。
来たけれども、あっ・・・違うな。って人のため用ですね。

    • 記事下

最後まで読んでくれた人のための出口ですね。

 

基本的なこの2つは僕も使わせていただいている【STINGER3】に標準装備されています。

もちろんアドセンス申請していないと何も出ません。

 

その他となると、これがまた決定的なモノが見つけられない。

 

ある人は記事の中身なんてそんな大事なことではないと言ってたり、やはり興味をそそる記事があってのアフェリエイトと言っている人もいます。

アフェリエイトも一緒

やっぱり行き着く結論は「閲覧数があってこそ」。

となると、継続する、興味のある記事を書く、購買意欲をそそるなどなど。

画像の配布サイトとか、あからさまな誤クリック狙いは悪意の塊ですよね。

慣れない頃は何度押したことか。あれはどうかと思います。

 

購買意欲をそそる記事・・・レビューって事ですが、なかなかそういう内容は書く機会がない。

○○ちゃんはオススメです!とかは今後書きそうですが。

 

興味のある記事を書くとなると、「○○のやり方」とかですかね?

マッサージの仕方とか?これなら少しはいけそうです(笑)

 

 

それでもやはり「継続は力なり」ではないでしょうか?

 

サッカー少年だった小学生、四国の田舎から愛知県に引っ越.し。

その時もらったサッカーボール(キャプテン翼みたいにボールに寄せ書きしたやつ)に先生が書いてくれた言葉

 

「継続は力なり」

 

先生・・・

 

 

 

守れなくてごめん。

soccerball

担当 : ウェブ担当他

趣味 : モノ作り・競馬

LDS designs


「名ばかりの」ウェブ担当ミツロックでございます。

アロマンシェスをご利用してくださるお客様が笑顔でいてくれればなぁと思います。

もちろん、スタッフもセラピストもです。


趣味以上、仕事未満であるアクセサリーも宣伝させてもらいます(笑)

アロマンシェスともども宜しくお願いします。

 - CUSTOM, ミツロック