【名馬】武豊騎手とサイレンススズカ

      2016/03/23

                  

                              

こんばんわ、ミツロックでございます。

 

たくさんの歴史的名馬はおりますが・・・やっぱりこの馬のインパクトは凄かったです。

 

今日はこの馬を、振り返ってみようかなと思います。

 

武さんは、この馬のデビュー戦を他の馬で走っており、サイレンススズカが今年のクラシックを持っていくと思ったそうですよ。

 

結果は出せなかったんですが。

 

武豊騎手との出会い

主戦騎手は上村騎手でした。

が!この上村騎手が秋の初戦である神戸新聞杯で大チョンボをしてしまい降板させられました。

 

やらかした事って言うのは、ゴール前で勝利を確信し、追うのをやめた結果負けるというとんでもない醜態。

 

そら怒りますよね。

 

そして・・・。

 

実はここでも指名されたのは武豊騎手ではなくベテラン河内騎手。

 

天皇賞とマイルチャンピオンシップをこのコンビで走ってますが結果出ず。(能力の高さは出していました。)

 

そして香港遠征の時・・・武豊騎手自らが、サイレンススズカに乗らせて欲しいと頼んだことでこのコンビが実現となりました。

 

香港遠征では負けてしまいましたが、過密日程による体調不良もあったそうです。

 

確かに、凄いスケジュールだなと。今では考えられない日程です。

 

5歳を迎え本格化

宝塚記念まで4連勝も、この馬の最初で最後となるGⅠ勝利は武豊騎手ではなく南井騎手。この時、武さんはエアグルーヴという馬に騎乗していました。

 

武さんは、有馬記念までエアグルーヴの騎乗が決まっていたそうです。

 

 

サイレンススズカ4連勝の中でも、前回動画を貼ったレースの【金鯱賞】は衝撃の内容。

メンバーも凄いんですけど11馬身差の圧勝です。

 

【NEWS】金鯱賞 ラストインパクトがV!など

 

 

 

 

そして夏を休養し、万全の状態で秋の天皇賞へ挑む事になります。

 

どこまで行っても逃げてやる!

秋初戦となる【毎日王冠】は超強力メンバーが名を連ねました。

 

 

いや、もう強いの一言です。

エルコンドルパサー、グラスワンダー相手にこの勝ちっぷり!

 

サイレンススズカ 59kg

エルコンドルパサー 57kkg

グラスワンダー 55kg

 

ですからね・・・。

 

そしていよいよ、伝説の幕開け・・・

武豊との初GⅠを獲るべく天皇賞秋へ。

 

沈黙の日曜日

 

とばすとばすサイレンススズカ。見た事もないようなカメラアングルです。

 

引いても引いても後続馬が写らない。

 

もうこれは、勝った負けたではなく、どれだけ引き離すのかということに興味がわいてきたときでした。

 

 

違和感。

 

 

この当時テレビ中継を見ていましたが、それはそれはショックでした。

 

競馬をやらなくなった理由でもあるライスシャワーのこともありましたので。

 

ライスシャワーという名馬についてはまた機会があれば、お話したいと思います。

 

確か、このころの天皇賞秋は1番人気がずっと勝てないと言われていたと思います。

 

そのジンクスをサイレンススズカが破ると思っていたのに・・・。

 

 

サイレンススズカは、このレース途中の怪我により、競走馬としてだけではなく、その生涯を終えました。

 

AFTER STORY

 

武豊が初めて泥酔、愛馬死去の夜

 

今でも名前が一番に出てくる馬ですからね・・・。

福永騎手も、あんなに落ち込んだ武さんを見たことがないとお話したそうです。

 

 

翌年の宝塚記念の実況は杉本清さん。

 

「どこまでも、そしていつまでも先頭だった一年前のサイレンススズカのゴールが思い出されます。
あなたの夢はスペシャルウィークか、グラスワンダーか。
私の夢はサイレンススズカです。

夢叶わぬとは言え、もう一度この舞台でダービー馬やグランプリホースと走らせてみたかった…」

 

ここまで一語一句正確には覚えていませんでしたが・・・杉本節に涙腺崩壊しそうになった記憶があります(笑)

 

もっともっと走らせたかった馬です。

 

世界中にその走りを見てもらいたかったですね。

担当 : ウェブ担当他

趣味 : モノ作り・競馬

LDS designs


「名ばかりの」ウェブ担当ミツロックでございます。

アロマンシェスをご利用してくださるお客様が笑顔でいてくれればなぁと思います。

もちろん、スタッフもセラピストもです。


趣味以上、仕事未満であるアクセサリーも宣伝させてもらいます(笑)

アロマンシェスともども宜しくお願いします。

 - KEIBA, ミツロック ,