やっぱりゴールドアクター馬券に絡む

   

                  

                              

こんばんわ。ミツロックでございます。

最後のクラシック、菊花賞は1枠2番トーホウジャッカル!!

強かったなぁ。

 

kiku

 

 

ゴールドアクター

 

やはりステイヤーズ路線で経験を積んできた馬だけありました。
秋華賞のことをすっかり忘れていた!菊は波乱?

 

好時計のレースでも結果を出したゴールドアクター。

ミツロックにんまり。

 

でも馬券は買っていないんですよ(笑)

もし、買っていても当たっていなかったです!!

 

だってネオユニ産駒は2000m以上のレースで買う気ありませんから。

トーホウジャッカルに印は打ててもサウンズオブアースに印は打てません・・・。

しっかり西の2000m以上のレースで結果を出しているんですけど、実際は買わずに後悔していたんだろうなぁと思います(笑)

 

競馬ってそういうもんですよね。

 

トーホウジャッカル

誕生日が2011年3月11日。

 

東北大震災の日。あの日本中が悲しみにくれたあの日に生まれたこの馬は、2歳のときに病で体重が50kg近く減ってしまったとか。

幾多の試練を乗り越え、3冠最後の菊花賞王者へと登りつめたトーホウジャッカルに勇気付けられる方もいる・・・と言うのはちょっと大げさかもしれませんが、生産者の苦労、調教師の喜びなどを考えると、競馬がより面白く、ドラマティックなモノになりますよね。

 

デビュー後2戦も

10着、9着と全く見せ場なし。病に苦しんだ馬だけに期待もされていなかったのかもしれません。

ところが3戦目でハナ差の勝利をもぎ取って以来、あれよあれよと菊の舞台へ。

菊花賞の舞台に立つ18頭の中で最も獲得賞金も少なかった。

 

おめでとうが一杯

  • デビューから149日目という史上最速での菊制覇におめでとう。これから先が楽しみですね。

 

  • レコードを一気に1秒7も塗り替える3分1秒0での完勝におめでとう。化け物なのか、超高速馬場だったのか・・・。

 

  • 菊花賞初騎乗で制覇した酒井学騎手。芝のG1初勝利、当然クラシックも初勝利。おめでとう!ジョッキーはイケメンが多いですが、酒井騎手もイケメンですね!

 

酒井騎手

 

 

  • 谷潔調教師は、開業20年目でうれしいGI初制覇おめでとう。

 

 

ラップタイム

13.0 - 12.0 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 12.4 - 12.5 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.7 - 11.7 - 11.6 - 11.6

 

なんじゃこりゃ?ってラップタイムですね(笑)

向こう正面で大体ラップが落ちるんですけど(太字の部分)、全く息の入らない流れ。

この流れでラスト3ハロンも『11.7 - 11.6 - 11.6』って・・・。

 

反動なければいいですけど。

 

今年の牡馬クラシック

3戦共に、1枠2番の馬が勝利する珍事?

こんな事もあるんですね!

 

おまけ

前述しましたが、トーホウジャッカルの誕生日は3.11。

2着の馬はサウンズオブアース・・・。

和訳すると『大地の鳴りひびく音』

 

 

 

信じるか信じないかはあなた次第です。

担当 : ウェブ担当他

趣味 : モノ作り・競馬

LDS designs


「名ばかりの」ウェブ担当ミツロックでございます。

アロマンシェスをご利用してくださるお客様が笑顔でいてくれればなぁと思います。

もちろん、スタッフもセラピストもです。


趣味以上、仕事未満であるアクセサリーも宣伝させてもらいます(笑)

アロマンシェスともども宜しくお願いします。

 - KEIBA, ミツロック