競馬は結果からなんとでも言える

   

                  

                              

こんにちわ。足だけじゃなくお尻も好きなミツロックでございまっす。

 

今日は、菊花賞のお話はおいといて。

競馬って結果からなんとでもいえますよね?!っていうお話をしたいなぁと思います。

 

これからのお話はまじめなようでとてもくだらないかもしれません。

いや、間違いなくくだらないです(笑)

競馬に対する想いが人一倍強い人は閲覧しない方がいいと思います(笑)

 

結果につながる不特定な事

競馬は馬に人が乗り行なうレースです。

騎手がどんなに素晴らしいイメージを描いても、肝心の馬にその気がなければなんともなりません。

そうならないように、日頃から調教・トレーニングをするわけですね。

 

スタート

ここで出遅れては、もう万事休すです。でも上手い、下手という事は分かっていても絶対に出遅れないという保障はありません。

安藤勝己騎手(アンカツさん)はペルーサと言う馬(出遅れ癖がひどい馬)について

『わざと出遅れている』

と当時コメントしていました。

 

位置取り

ゴールでは『クビ差』『ハナ差』など・・・G1ともなると2cmで勝ち負けが決まる事も。

基本的にG1では勝ち負けをつけます。いや、つけていました。

 

uma

 

史上初となる、G1での同着(1着馬)

とまぁ、お話がそれましたがこんなきわどい勝ち負けをしているのですから、位置取り次第では結果も当然変わってきますよね。

それだけではありません。馬が前にいたから外を走らされたとか、位置取りの影響は計り知れません。

アクシデント

一番あってはいけないことなんですが、馬の怪我や接触等による不慮のアクシデント。

『無事是名馬』です。

 

 

ざっと考えるとこんな感じでしょうか?その他にも馬場の状態なども影響しますよね。

 

武豊TVが面白い

いつのレースか忘れてしまいましたが『武豊TV』で岩田騎手と武騎手がお話をしていたんですが、その内容にミツロックは驚きました。

いつかのダービーを振り返っていたと思います。

 

芝のお話をされていたんですけど、芝の長さが長いと。膝まであった場所もあると言ってました。

 

岩田騎手はレース当日朝は必ず

 

『素足でコースを一週歩く』

 

ことで、足の裏で感じる馬場の良し悪しでコース取りを決めるみたいです。

 

外国人ジョッキーもやるみたいですね。

 

こういうジョッキーの対談はミツロック的には凄く好きです。

競馬場でもよくレース終了後にやってるみたい。(G1のときだけですかね?)

YOUTUBEでよくみてます。

 

 

ただ単に、能力だけの勝負だったらここまで魅せられていないと思います。

お話がいくらかそれているところもありますが、競馬は終わってみないとわからない。

 

結果から振り返ると色々と当てはまる事もでてくると思います。展開が思ったよりも遅かったなど。

でもそれが結果。

サイン馬券で予想でも当たればいいんです。

はずれれば間違っていたわけで、当たれば馬券的には正しいんです(笑)

それが競馬の魅力でもあると思います。

 

ミツロック的衝撃のレース

そこでですね。

名馬ブエナビスタは記憶に新しいと思います。

新馬戦が『伝説』と言われているのもご存知かと思います。

 

ブエナビスタ新馬戦

1着:アンライバルド(皐月賞馬)

2着:リーチザクラウン(ダービー2着)

3着:ブエナビスタ(G1 6勝)

4着:スリーロールス(菊花賞馬)

5着:エーシンビートロン(OP勝ちあり)

 

と言ったようにハイレベルな戦い。

6着以下の馬も最下位の馬を除き、未勝利戦を勝っているという・・・。(地方経由もいますが)

 

この結果ともう一つ見てもらいたいものがあります。

 

第54回有馬記念 結果

1着:ドリームジャーニー

2着:ブエナビスタ

3着:エアシェイディ

 

と、中山のコース適正はないブエナビスタは予定通りの2着。

リピートレースと言われる有馬記念。3着はやっぱり前年度3着のエアシェイディ。

 

このレースは思ったとおりの結果になりました。

 

でも!言いたいのはここではないんです。

 

最下位争いを見てみると・・・

 

13着:リーチザクラウン

14着:テイエムプリキュア

15着:アンライバルド

中止:スリーロールス

 

なんですね。

スリーロールスに関しては怪我だったのでしょうがないと思うんですが(中心視してたんですけど)

 

この結果・・・。

 

ミツロック的見解

おそらくブエナビスタはなかなかのカワイ子ちゃんなんではないかと思うんですね。

馬の世界で。

そして、アンライバルド、リーチザクラウンはかなりの女好きなんですよきっと。

可愛いブエナビスタをおった結果が新馬戦。きっとかっこいいとこ見せたかったんでしょうね、はりきっちゃってもう。

そして時は立ち、年末の恒例となる有馬記念という大レースで彼らはブエナビスタと再会する・・・。

かなり鼻息荒かったはずですよ。久々のブエナちゃんですから。

このままいけば、波乱の有馬記念になるはずだったんです。まさかの新馬戦再びだったんですから。

 

ところが彼らは!!!!

 

『絶世の美女:テイエムプリキュア姫』

 

を見つけてしまってたんですよ!!!!

 

 

 

 

 

 

uma

 

 

もう、レースそっちのけ!お尻追っかけて、気がついたらこの着順だったわけです。

 

 

 

いかがでしょう?

ミツロックの馬券師として資質。

 

これからもがんがん予想をしていきますので自己責任でついてきてください。

 

 

 

アロマンシェスではテイエムプリキュア姫のようなセラピストを探し、お客様に寛ぎの時間を提供したいと考えております。

セラピスト集めに時間がかかっておりますが温かい目で見守っていただきたいと思います。

 

今後とも、宜しくお願いいたします。

担当 : ウェブ担当他

趣味 : モノ作り・競馬

LDS designs


「名ばかりの」ウェブ担当ミツロックでございます。

アロマンシェスをご利用してくださるお客様が笑顔でいてくれればなぁと思います。

もちろん、スタッフもセラピストもです。


趣味以上、仕事未満であるアクセサリーも宣伝させてもらいます(笑)

アロマンシェスともども宜しくお願いします。

 - KEIBA, ミツロック